読書嫌いでも読解力は鍛えられる

僕は塾で国語を教えていますが、子どもの頃は決して本が好きな子どもではありませんでした。謙遜ではなく本当に(笑) だから、個別面談の時などに保護者の方から「うちの子、全然読書をしなくて…」なんていう話を伺うと、自分のことを言われているような気がして、何とも言えない気持ちになることがあります。

 

もちろん読書はしないよりする方がいい。でも仮に読書が苦手な子でも、読解力を高める方法はあります。

 

それはテレビ番組や映画を観ること。

 

読解力は大きく3つの要素に分けられます。

①語彙力・表現力

②想像力・理解力

③論理的思考力

これらの力を持っている子は、結果的に読解力も高い。…と同時に、これらの力を身につける方法は、必ずしも読書だけではないと感じています。

 

僕が特にオススメしているのは、ストーリー性の強いドラマやアニメを観ることです。これらの映像素材では…

①登場人物のセリフや表情、動作などから「語彙」や「表現」を学べます。

②劇中のシーンを擬似的に体験することとなり、実際には経験したことがないことでも、自分の中に「実感」のように落とし込むことができます。

③ストーリーが展開していくにつれて、なぜそのようにお話が進んでいくのかを論理的に(はじめは感覚的かも知れませんが)捉えられるようになります。

 

国語でつまずく子の多くは「そういう言葉を聞いたことがない」とか「そういう体験をしたことがない」という子どもたちのように感じます。だから、多くの言葉に触れさせたり、擬似的に様々な経験値が得られる映像を使った学びは、非常に効率がよいと思います。

 

そうはいってもやはり目で字を追う練習も大切です。そこで私がオススメしているのは、映画などのノベライズ本を読むことです。一度映像で見たことのあるお話であれば、字を読みながら「あっ、これはあの場面のことだな」と具体的にイメージしながら読み進めることができます。そうすることで「イメージ」と「言葉」が結び付いて、語彙力の強化にもつながります。

 

これはどのタイミングからでも始められる方法ですので、興味のある方はぜひ試してみていただきたいと思います。