いよいよ入試本番!僕がしている3つの声かけ

ここまで頑張って勉強してきた生徒の中には、本番で力を出しきれるか、志望校に合格できるのかと不安になっている子もいます。そんな子に僕がしている3つの声かけがあります。

①合格(入学)したら何する?楽しみだね。あと少しだね。
②テキスト(ノート)見せて。たくさん勉強したね。これだけやったんだから、大丈夫。
③あとは落ち着いて、自分が出せる力を出しきっておいで。はい、深呼吸。

入試直前の授業の最後、僕はこんな声かけをしたあとに、必ず握手をします。特に根拠はないんですが、昔から1握手10点と言われていて、だめ押しの10点ということで、握手をしているわけです。

1月10日は、埼玉県内の私立中学の入試解禁日です。僕が担当している小6生徒たちの多くが、ここから入試をスタートさせます。

続けて1月13日・14日は大学入試センター試験の実施日。僕は国公立志望の生徒は教えていませんが、センター利用など、合格可能性の幅を広げてくれる大事な試験。

1月22日~は東京都内の高校の推薦入試が始まります。私立志望の生徒は単願で受験するので、本当に大事な試験。都立志望の生徒はかなりの高倍率の中で小論文や集団討論の試験を受けることになります。

どの生徒も期待と緊張の中で、ほんとに頑張っています。縁あってそうした子どもたちと同じ時を過ごしている訳ですから、全力でサポートしていきたいと思います。
合格まであと少し。春が来るまであと少し。